• HOME
  • 会社設立はサポートが必要?サポートを受けるべき理由や依頼できる内容などを紹介!

会社設立はサポートが必要?サポートを受けるべき理由や依頼できる内容などを紹介!

会社設立はサポートが必要?サポートを受けるべき理由や依頼できる内容などを紹介!

会社設立をする際に自分で行うのはさまざまなリスクがあります。

そのため、専門家のサポートを受けるのがおすすめです。

そこで、この記事では専門家のサポートを受けるべき理由から依頼できる内容まで紹介しましょう。

自分で行うのはリスクがある

会社設立を自分で行うのはリスクがあります。

具体的にどういったリスクがあるのか紹介しましょう。

損をする会社設立をしてしまう

会社設立を自分で行う場合は知識不足のために損をするケースがあります。

たとえば、会社設立日や決算日の決め方によって税金に影響が出る場合があるのです。

また、節約する方法を知らなかったために会社設立の費用が増えることもあります。

このような理由から会社設立で損をする可能性があるのがリスクです。

手続きの準備に手間がかかる

自分で会社設立の手続きを準備するのには手間がかかります。

初めての会社設立の場合は必要な手続きを調べるところから始めなければいけません。

多くの書類を用意する必要があり、添付書類もすべてしっかり揃えることが求められます。

会社設立の手続きに集中する必要があり、他のことに割ける時間が減ってしまうのはリスクになるでしょう。

手続きミスの可能性

自分で会社設立の手続きをする場合、手続きのミスが生じる可能性があります。

提出した書類に不備や誤りがあると再提出を求められるのです。

手続きミスへの対応に手間取ると会社設立を完了するのが遅れてしまいます。

その結果、会社設立後の事業展開にまで影響を及ぼすリスクがあるのです。

会社設立だけをインターネットだけで進めるのは危険

会社設立をインターネットだけで進めることが可能です。

しかし、実際にインターネットだけで安易に会社設立を進めることはおすすめしません。

一人で会社設立をネットだけで進めると、手続きに誤りが生じる可能性が高くなります。

簡単に進められるのですが、それぞれの手続きや申請内容について深く考える機会がなくなるからです。

簡単に設立できても、後になって決算や節税などで問題が生じるというケースは少なくありません。

会社設立は専門家に相談をして慎重に進めることが大切です。

会社設立のサポートで期待できること

会社設立のサポートを受けるとどんなことを期待できるのか紹介しましょう。

書類の作成から申請まで代行してもらえる

会社設立のサポートをしている業者に依頼をすれば会社設立に必要な書類の作成から申請の代行までサポートしてもらうことが可能です。

自分でどんな書類が必要なのか、どんな内容を記載すればいいのか調べる手間を省くことができます。

申請も任せられるため、忙しい人でも会社設立を丸投げできるのがメリットです。

創業融資のサポートを受けられる

会社設立のサポートをしている業者の中には創業融資のサポートを実施してくれるところがあります。

会社を設立してから資金繰りに困るケースは少なくありません。

そんなときに創業融資を受けることで、まとまった資金をすぐに得られます

業者にサポートしてもらえれば、創業融資の書類の準備から面談対策、審査対策まで受けられるのです。

もし、創業融資のサポートを受けたいならば、経営サポートプラスアルファまでご相談ください。

経営サポートプラスアルファであれば、創業融資をしっかりサポート可能です。
いつでも経営サポートプラスアルファまでお問い合わせください

【関連記事】

会社設立の費用を安くできる

会社設立のサポートを専門家に依頼することで設立費用を安くできるケースがあります。

たとえば、電子定款を作成して申請する場合には4万円節約可能です。

専門家であれば、電子定款を作成するための機材やソフトを用意してくれます。

事業計画の立て方からコンサルティングしてもらえる

専門家に依頼すれば、事業計画の立て方や資金繰りまで総合的にコンサルティングを受けることが可能です。

会社設立をすると決めてもどのように計画を立てればいいのかわからず悩んでいる人はたくさんいるでしょう。

専門家に要望を伝えれば、会社設立についてさまざまな提案をしてくれるのです。

それにしたがうことによって、会社設立を成功に導けます。

会社設立後の顧問契約を依頼できる業者もある

会社設立のサポートを受けるだけではなく、顧問契約をして設立後のサポートもしてくれる業者があります。

たとえば、税理士法人に依頼をすれば、税理士と顧問契約をして税務や節税などの相談やサポートを引き続き行ってくれるのです。

会社設立のサポートを受ける際に準備しておくといいもの

会社設立のサポートを受ける際に何を準備しておくべきか紹介しましょう。

法人印を作成しておく

会社設立をする前に作成しておくべきものが法人印です。

法人印とは企業が契約書などに使う印鑑のことです。

あらかじめ法務局に代表印として登録しておきます。会社設立の際には代表印は必ず必要になるため、法人印を用意しておきましょう。

法人印を登記申請書に捺印して申請するのです。

ただし、1辺の長さは1cm以上であり、3cm以内の正方形に収まるサイズのものでなければいけません。

会社の印鑑を作成するなら│「会社印鑑セット専門店『安いんかん』

印鑑証明書の用意

会社設立をする際には印鑑証明書が求められます。

発起人や代表者個人の印鑑証明書を用意しなければいけません。

印鑑証明書はあらかじめ印鑑登録をしてから印鑑証明書の発行申請をする必要があります。

発起人全員の実印と印鑑証明書が必要になるため、あらかじめ準備してもらいましょう。

印鑑証明書の用意に手間取ると会社設立が遅れてしまいます。

資本金を準備しておく

会社設立をする際には必ず資本金を用意しなければいけません。

資本金は最低金額が1円からとされています。

ただし、資本金は運転資金として重要な資金であり、会社の信用にも影響する大事なものです。

そのため、ある程度まとまった金額を用意しておきましょう。

一般的には200万~300万円程度の資本金を設定することが多いです。

ただし、資本金が高すぎると税率が上がるため、資本金が1,000万円を超えないようにしましょう。

会社設立の際には、資本金を発起人の個人口座に振込みします。

これは会社設立前に法人口座を開設できないからです。

個人口座に振り込んだことを証明できる書類を添付して登記申請をします。

会社設立が完了した後は法人口座を開設して、資本金を法人口座に移しておきましょう。

資本金の金額の決め方については会社設立を依頼する際にアドバイスを受けられます。

専門家とよく相談をして決めると良いです。

【関連記事】

会社設立のサポートを利用する際の注意点

これから会社設立のサポートを利用する際の注意点について紹介しましょう。

カバーできる業務の範囲を確認しておく

会社設立のサポートをする業者でも、それぞれカバーできる業務の範囲は異なっています。

中には会社設立の書類作成や申請の代行のみにしか対応していない業者もあるのです。

また、資金繰りやビジネスモデルの立て方、節税対策まで幅広く対応してくれる業者もあります。

それぞれの希望を考えておき、要望通りのサービスを提供してくれる業者を探すとよいでしょう。

できる限りワンストップで対応してくれる業者を選んだ方が便利です。

多くの専門家が連携をしてサービスを提供している業者であればよいでしょう。

手数料0円のサービスは顧問契約前提のことが多い

会社設立をサポートする業者の中には手数料を0円に設定しているところがあります。

これは本当にお金をかけずに利用できるわけではなく、顧問契約を前提としているのが特徴です。

そのため、会社設立を終えた後は顧問契約をして顧問料を支払うことになるのです。

顧問契約について最低期間が定められていることが多く、最低でもその期間内の顧問料を支払うことになります。

顧問契約をすれば、会社設立後に相談をしてサポートを受けられるのがメリットです。

たとえば、税理士と顧問契約をする場合は、税務に関する専門的な相談に対応してくれます。

顧問契約をする場合は、本当に信頼できる専門家であることを確認しましょう。

そうしないと顧問料を無駄に支払うことになります。

相談料が発生しないか注意する

会社設立のサポートを利用する場合は、あらかじめ相談をしてから決めたいという人が多いでしょう。

そのため、多くの業者は無料相談の機会を用意しています。

無料相談であれば、気軽に会社設立に関する質問や悩み相談をすることができ、さまざまな提案やアドバイスなどを受けられるのです。

これから業者選びをする際にも事前に相談できた方がいろいろな判断材料を集めることができて都合が良いでしょう。

ただし、すべての業者が無料相談に対応しているとは限りません。

場合によっては相談料が発生することもあるため注意しましょう。

たとえば、無料相談は最初の1回だけという業者は多いです。

また、一定時間が過ぎると相談料が発生するケースもあります。

ホームページなどで相談料のシステムを確認しましょう。

ワンストップサービスで対応してくれるかどうか

会社設立のサポートを受けるならば、ワンストップサービスに対応するかどうか重視しましょう。

ワンストップサービスとは、会社設立の最初から最後まですべて同じ業者が担当してくれることです。

一部の業務だけ別の専門家に依頼しなければいけなくなると、余計な手間とお金がかかってしまいます。

そうではなく、同じ業者が継続して対応してくれる方が便利です。

会社設立のワンストップサービスを探しているならば、経営サポートプラスアルファにご相談ください。

各分野の専門家が揃っており、ワンストップサービスに対応できるからです。
いつでも経営サポートプラスアルファへお問い合わせください

会社設立のサポートを受けよう

会社設立を自分ですると時間がかかり、失敗する可能性も高まります。

専門家のサポートを受ければ多くのメリットがあるため、会社設立サービスを利用するとよいでしょう。

この記事を参考にすることで、自分に合った会社設立サポートを利用してください。

会社設立のサポートを受けたいならば経営サポートプラスアルファをご利用ください。

事業計画の作成から書類作成、資金集めまでワンストップで対応できます。

無料で相談できる経営サポートプラスアルファまでいつでもご相談ください

記事監修者の情報

税理士法人
経営サポートプラスアルファ

代表税理士 高井亮成

保有資格:税理士・行政書士

税理士の専門学校を卒業後、会計事務所に入社。
その後、税理士法人に転職をして上場企業や売上高数十億円~数百億円規模の会計税務に携わる。

現在は税理士法人の代表税理士として起業・会社設立をする方の起業相談からその後の会計、決算、確定申告のサポートを行っている。