個人事業主の税金シミュレーション|確定申告の税金計算

個人事業主の方が確定申告をしたら税金がいくらかかるのか気になりますよね。

そういった方向けに個人事業主の所得税、住民税、事業税を計算する、

個人事業主のため、起業する方向けの税金計算シミュレーションとなります。

個人事業主vs法人の税金比較シミュレーション。既に法人化メリットある!?

個人事業主の税金計算シミュレーション利用の注意点

個人事業主のシミュレーションを行う対象者について

適用税制等の時点について

2021年6月時点の税制をもとに個人事業主の税金計算シミュレーションを開発しています。時期が経つと税率など若干変わりますが、数年経過しても参考としてお使い頂くことは出来るものと考えております。

税金計算等の計算について

住民税や社会保険料など市区町村単位で税率等が異なりますが、おおよそ近しい数字となっておりますのでご了承の上ご利用ください。

所得控除について

所得控除は最低限の基礎控除のみ計算上加味しております。その他の所得控除である扶養控除や生命保険料控除、地震保険料控除や税額控除である住宅ローン控除がある場合にはシミュレーションよりも税金が低くなる可能性があります。

さいごに

個人事業主の税金計算シミュレーションの結果はあくまで参考として捉えて頂いた上でご利用ください。

【個人事業主の税金計算シミュレーション設定】

(単位:円)
1年間の年間利益
(代表給与支給前)

【個人事業主の税金計算シミュレーション結果】

(単位:円)

個人事業主 法人化した場合
1年間の年間利益 0
代表者給与 0 0
法人個人税金等合計 0 70,000
税金等の内訳


所得税 0 0
事業税 0 0
住民税 0 0
税金計 0 0

法人税等 - 70,000

個人事業主の税理士費用

個人の税理士費用は月額14,000円でサポートしています。
法人の税理士費用は月額19,000円です。

個人事業主の年間利益が500万円目指すならば法人化した方が個人事業主の税金よりも安くなります。
(税理士の費用がかかっても法人化の節税メリットで相殺出来るラインです。)
よろしければお知り合いの方にシェアしてもらえると嬉しいです。