• HOME
  • 【内装の規定にも注意が必要!?】ヘアサロンが、内装に気を使うべき理由と気を付ける点について詳しくご紹介します!

【内装の規定にも注意が必要!?】ヘアサロンが、内装に気を使うべき理由と気を付ける点について詳しくご紹介します!

【内装の規定にも注意が必要!?】ヘアサロンが、内装に気を使うべき理由と気を付ける点について詳しくご紹介します!

こんにちは、今回はヘアサロンの内装工事についてご紹介していきます。

ヘアサロンといえば、店舗の中でも特に内装のオシャレに気を使うべき業種です。時には内装のセンスが合わないということで2度目の来店をしないというお客様がいるほど、ヘアサロンは内装に気を使わなければいけません。しかし、内装にこだわるとなると、業者に頼まなければいけなくなり、それ相応の費用がかかってしまいます。

今回はヘアサロンが内装に気を使うべき理由と、内装工事の際に気を付けるべき点について詳しくご紹介していきます。

内装工事リース株式会社

ヘアサロンが内装にこだわるべき理由

ヘアサロンが内装にこだわるべき理由としては、ヘアサロンは数多くある店舗の中でもファッションに関連する店舗であるため、内装のオシャレさやセンスに高いレベルが求められます。そんな中で、内装がボロボロなヘアサロンや明らかにヘアサロンのイメージとは異なる内装をしている店舗だと、お客様に悪い印象を与えてしまい、最悪の場合は売り上げの低下にも繋がってしまいます。

それでは、なぜヘアサロンが内装にこだわるべきかの理由をいくつか例を挙げてご紹介していきます。

清潔感が重要

そもそもヘアサロンに来店されるお客様は、自身の身だしなみを良くして清潔感を保つことが目的です。にもかかわらず、キレイにするために訪れた先のヘアサロンの内装が汚れていると気分を悪くしてしまいます。

店舗の独自性が出せる

ヘアサロンはそれぞれの店舗によってコンセプトが異なり、得意としているメニューなどが変わってきます。また、地域によってもお客様の層が変わってくるため、内装でヘアサロンの特色を出すことで店舗へのイメージ作りを行います。

基本的にヘアサロンでイメージされている内装は白をベースにしたサッパリとした雰囲気が多いですが、ヘアサロンごとのイメージ作りで木目調やアメリカンな内装を取り入れている店舗もあります。

居心地の良さ

ヘアサロンはメニューにもよって滞在時間が異なりますが、男性であれば約30分から1時間、女性であれば2時間から3時間、もしくはそれ以上滞在することがあります。ですから、お客様のヘアサロンにおける居心地の良さはとても重要であり、スタッフの質の高い接客も店舗の居心地の良さの要因となりますが、一番の要因は店舗の内装なのです。特に女性はヘアサロンに滞在する時間が長いこともあり、様々な場所に目を配らせています。

その際に内装が剥がれていたり、ボロボロになってしまっている場所を見つけると店舗に対してマイナスなイメージを持ってしまい、最悪の場合、それ以降に来店していただけないということにもなりかねません。

内装工事リース株式会社

ヘアサロンが内装で注意するべき点

つぎに、ヘアサロンが内装にこだわる際にはどこに注意するべきかについてご紹介します。

内装にこだわる際には、ただ手を加えれば良いというわけでもなく、しっかりとした裏付けが必要であり、何の理由も無しで内装に手を加えるだけでは、自己満足で終わってしまうのです。

内装の決まり

ヘアサロンの内装にはいくつかの規定があり、それをクリアしていなければヘアサロンを経営することはできません。主な規定としては、作業室の面接は13㎡以上の面積が必要で、お客様が待機する場所や消毒室などは含めずに計算します。また、作業室が13㎡以上の場合は作業イスを6台設置することが可能で、7台以上設置する場合には1台につき3㎡を増やしていいく必要があるのです。

また、ヘアサロンでは器具の消毒をする設備を整えたり、お客様の髪を洗う際の流水装置や給油設備なども必要となるため、レイアウトには気を使わなければいけないのです。

お客様の層に合わせる

先ほどのヘアサロンは居心地の良さが重要だとお伝えしましたが、来店されるお客様の層によって居心地の良さを感じるポイントは異なってきます。また、ヘアサロンはお子様から高齢の方まで様々な年代の方が来店をされる可能性があります。店舗の周りの住宅や、幼稚園などの施設があるかないかにもよって、来店されるお客様の年齢をある程度は算出できます。

自身の店舗へ来店されるお客様や周りに住んでいる年代の方達の好みに合いそうな内装にしておくことで、売り上げを伸ばすことも可能になってくるのです。

内装工事リース株式会社

内装工事を業者に依頼する際に気を付けること

ヘアサロンが内装に力を入れようとなったときには、業者に頼むという選択肢が出てきます。しかし、内装業者といっても「数多く内装業者がありすぎて、どこにヘアサロンの内装工事を依頼をすればいいのかわからない」と思うことでしょう。

ここからは、ヘアサロンの内装工事を内装業者に頼むとなった際には、どのような点に気を付けると内装業者選びで失敗を減らすことができるのかについて、いくつかご紹介していきます。

ヘアサロンの実績が多いか

内装業者の中でも、それぞれ作業している現場の種類が変わってくるため、ヘアサロンの現場を多くこなしている業者とそうでない業者にも分かれてきます。

店舗の内装工事といっても、ヘアサロンや飲食店、整体院など様々な種類があり、それぞれの店舗の種類で内装のコンセプトは全く異なってきます。そのため、より高いクオリティを求めるとなると、ヘアサロンの内装工事の実績が多い業者に頼むべきでしょう。

複数の会社で比べる

業者に依頼する時には、事前にしっかりとした打ち合わせが必要になります。

内装工事の規模が大きくなればなるほど、その打ち合わせに要する時間は多くなっていき、何社も話を聞くとなると面倒くさいと思われる方がいらっしゃいます。しかし、同じ内装業者でも、業者によって作業の質が変わってきたり料金も変わってきます。そのため、いくつもの業者から話を聞くのが面倒くさいという方でも、最低でも2,3社ほどの話は聞き、見積もりを見比べた上でどこの業者にするか結論を出した方が良いでしょう。

内装工事リース株式会社

ヘアサロンの内装工事の相場とは

つぎに実際にヘアサロンの内装工事を業者に依頼する時の相場はいくらかについてですが、工事にかかる費用は、ヘアサロンの場所の坪単価とヘアサロンの広さによっても変わってくるため、明確な料金もそれぞれのヘアサロンで異なります。しかし、坪単価の相場としては、平均的に20万円から40万円と言われており、高いクオリティで内装に手を加える際には約40万円から60万円ほどになる時もあるのです。

そのため、総額の目安としても、約200万円から400万円ほどはかかると言われており、1から全ての内装をしっかり手掛けるとなると、1000万円ほど費用がかかってしまうケースもあるのです。決して安くはない費用をかけてお願いするヘアサロンの内装工事ですので、「面倒くさい」と言わずに費用面を重視していくつかの業者の話を聞いてみるといいでしょう。

内装工事リース株式会社

内装工事の費用を抑えるには

内装工事を業者に依頼する際にはどうしても費用が高くなりがちですが、やはり少しでも内装工事の費用は抑えたいという人は多くいらっしゃるでしょう。

つぎに、内装業者に頼む際にヘアサロンの内装工事費用を抑える方法についてご紹介していきます。

必要な部分だけこだわる

ヘアサロンが業者に内装工事を依頼する時の費用を抑える一番の方法とは、”無駄な工事はしない”という点です。工事を業者に依頼する時には、「どうせだからここも手を加えてしまうか」という発想になりやすく、あっちもこっちも手を加えてしまうことで、当初目安としていた費用よりも高くなってしまうというケースがあります。費用面を重視するのであれば、内装工事に入る前に再度内容の確認をしてください。

天井を剥き出しにする

意外にも内装工事で見落としがちなのが天井の工事です。

内装の工事をする際には天井もまとめて手を加える方が多くいらっしゃいますが、実は天井はよっぽどでない限り手を加える必要は無いのです。天井を剝き出しにすることで、イメージを悪く捉えられてしまうことも可能性としてはありますが、逆に吹き抜けのようで居心地が良いと思っていただけることもあるのです。

予算を決めておく

先ほど記述した様に、業者に依頼をしていく中であっちもこっちも工事の規模を大きくしてしまい、気付けば大規模な工事で多額の費用がかかってしまうことがあります。そのため、事前に自身の中で費用面に関しての予算を決めておき、「上回ってもいくらまで」というように使うお金を決めておくことが無駄使いを無くせるのです。

値切り交渉をしてみる

「値切りなんてケチ臭くて恥ずかしい」と思うかもしれませんが、意外にも工事にかかる費用で値下げ交渉が成功して、提示された費用よりも安くできたというケースは多くあります。ですから、内装業者に値切り交渉をしてみるだけでもその価値は十分にあるのです。

内装工事リース株式会社

<まとめ>ヘアサロンの内装は様々な視点から

ここまででヘアサロンが内装にこだわるべき理由や、工事を業者に任せる際の情報についてご紹介してきました。ここまでの点をまとめると、”ヘアサロンは内装にこだわるべきであるが、業者に任せるときは様々な視点から決定をするべき”といえます。

様々な視点というのは、内装に手を加える際にDIYか業者に依頼をするかや、内装に手を加えるとしても自身の発想だけでなく、業者のプロ目線からの発想、工事を進めるとなった際には複数の業者からの見積もりといったように、あらゆる考え方、パターンを把握した上で決めるべきでしょう。

特に内装工事は、一度作業が完了してしまうと元に戻すのに時間がかかってしまい、時には膨大な資金が必要になってきます。そのため、より完璧な理想の内装を実現させるためには、多くの意見を取り入れた上で慎重に判断することが必要です。