• HOME
  • 自己資金50万円でゴンドラの修理点検の株式会社が設立できました

自己資金50万円でゴンドラの修理点検の株式会社が設立できました

会社設立の概要

※本人特定されないように一部変更している部分もあります。

  • 問合せ時の年齢:50代半ば
  • 問合せ時はお勤めの方、個人事業主どちらか?:個人事業主
  • 問合せ時の仕事内容:ゴンドラの修理・点検
  • 問合せ時のメインの事業内容:ゴンドラの修理・点検
  • 自己資金はいくらあったか?:50万
  • 問合せ時の予想業績等はどうであったか?:減少維持、新規事業の開拓
  • 合同会社と株式会社どちらにしたか?:株式会社

ゴンドラの修理点検での個人事業主から法人化

ビルメンテナンスなどで使用するゴンドラの修理・点検の事業を個人事業主にて行っていました。

個人事業主の売上が増えてきたので法人化を考え始めたが、右も左も何も知らない状態なので、ネットにて会社設立で検索したら上位に目立つサイトがあり、それがKSP(当社)だったそうです。

  • 個人事業主としてやってきて、年商 600万円前後
  • 安定した収入であるが、今後、大きく売り上げるかは不透明
  • 個人事業主としてやっていくには不安があるが法人化するにしても不安

取引先から法人化をするようにと言われていた

取引先から個人事業主から法人化をするように言われていたことが法人化する一番の理由でした。

(他の事例でも個人事業主で事業を行っていたが、取引先から法人化してほしいということや新規で起業する際にも新規で取引をするにあたり個人事業主では取引出来ないため法人化する方も多くいます。)

会社設立を当社に依頼した決め手は担当者の話しやすさ

当初「流れ的に会社を作った方が良いのかな?」という感じでしかなく、本当にどうしたら良いのか分からない状態だったそうです。

お客様より
「KSPさんで、ちゃんとサポートしてくれますか?」と問われ、

私から
「もちろん全力でサポートします。一緒に作っていきましょう」と伝えさせていただきました。

その場で、個人事業主から法人化するために会社設立に向けての会話になりました。

後日、私が「どうして、あの場で会社設立を決めたんですか?」と問うと、
「税理士と聞くと少し難しい感じであった」と受け取っていて、いろいろと不安が合ったんだそうです。

実際に対面にて話をしたときに、「KSPの担当者の雰囲気や話がし易いから」とのことでした。

色々なご提案を差し上げたつもりでいましたので、そういった提案する力みたいなところを見て下さったのかと思っていましたが、意外と基本的なところを見てくださっているのだと痛感しました。

会社設立するのにわからないことがわからない

【会社設立前】

当初相談料など費用が掛かるかと思っていらっしゃったようでしたが、

電話を頂いた際に「費用はかからないので一度対面にて会話しましょう」とのことで、少し不安を感じながらも会ってくださいました。

私から、どのような事を相談したいですか?と質問したところ、

お客様から「何も分からないので、何を聞いたら良いのかが分からない!」
とのことでした!

お互いに笑ってしまいました(笑)

私から、「では、まず現状をヒアリングさせてください。」と面談を進めました。

【状況を把握し、何が問題点になるのかなどを双方にて確認。】

次に、「今後をどのようになりたいのか?」を伺いました。

【夢・希望でもいいんです。自分が思う気持ちを聞きたいのです。】

現状からの法人化するにあたり、メリット・デメリットをご説明させて頂きました。

何もわからない状態でも無事に会社設立

当然のことながら、どんな方でも無事に会社設立は完了します。

しかも、損する会社設立とならないように極めて丁寧に行うことでご理解頂きながらもスピーディーに会社設立が出来ます。

会社設立した後も税務顧問で会計、税務手続きの支援

連絡のやり取り方法や時間帯のすり合わせをし、会社としてやるべき事を伝えました。

〇社内ルール

  • 資料整理
  • 資料作成
  • 管理体制

など

お客様:「やることが沢山あって大変だな~(笑)」
と談笑しながら説明させて頂きました。

この方の事業は現場系のお仕事のため電話のやり取りが基本的に、17:00以降にてのやり取りをさせていただいております。

会社を設立するにあたり、ほとんどの方が【何も分からない状態】です。

なので、【何を聞いたら良いかも分からない】事が多々あるかと思いますが、KSPとしては何も知らなくても安心して会社設立が出来る様にお手伝いをさせて頂きます。

また、お客様の中でもいろいろ調べたり、聞いたりしている方もいますが、その情報のすり合わせも含め、会話をしながらどのようにしたら良いのかをKSPは提案させて頂いておりますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。