• HOME
  • 【内装工事は業者が一番!】テナントの内装工事で気を付けるべきこと

【内装工事は業者が一番!】テナントの内装工事で気を付けるべきこと

【内装工事は業者が一番!】テナントの内装工事で気を付けるべきこと

こんにちは、今回は内装工事の中でも”テナント”に焦点を当ててご紹介していきます。

事務所や店舗を構える際には、地面に構える「路面店」か事業主向けにビルの各階を貸し出している「テナント」に分かれます。また、テナントの中でも「居抜き物件」と「スケルトン物件」の2つに種類が分かれており、それぞれの特徴が変わってくるのです。
そのため、今回はそれぞれのテナントの特徴を踏まえて、内装工事を業者に依頼する際のメリットやデメリット、テナントの内装工事で注意すべき点などについてご紹介していきます。

内装工事リース株式会社

テナントの種類とは

居抜き物件

居抜き物件とは、テナントの物件の中でも前の事業主の内装設備がそのまま残っている物件のことを指します。

居抜き物件の最大のメリットとしては、”内装設備をそのまま使える”という点が挙げられます。
テナントの物件で事務所や店舗を構える際に、スケルトン物件の場合では内装設備が何も揃っておらず、一から内装設備を整えなければいけないため、内装工事の費用が発生してしまいます。
しかし、居抜き物件の場合は、そのまま内装設備を使用することができるため、余計な内装工事のための費用をかけずに済ませることができるのです。
また、事務所や店舗の内装には業種ごとに法律で定められている規定があり、その規定を守らなければ経営をすることができません。
しかし、居抜き物件の場合には、前の事業主が同業種であればその規定をクリアしている可能性が高いため、規定に対応するコストを抑えることもできるのです。

しかし、このメリットは時に最大のデメリットとなってしまうこともあるのです。
理由としては、既に内装設備が揃っているということは、”既存の内装設備が自身の理想の内装設備とかけ離れてしまっているときには、大規模な撤去作業が必要”となるため、撤去工事の費用は発生しますし、膨大な時間がかかってしまうからです。大規模な撤去作業を必要となってしまう場合には、居抜き物件だとしても内装が何もないスケルトン物件よりも内装工事の費用がかえって多くなってしまうことがあるのです。

スケルトン物件

スケルトン物件とは、居抜き物件とは真逆で内装設備が真っ新な状態の物件のことを指します。

スケルトン物件の最大のメリットは、内装設備が真っ新な状態であるため、”自身の好きなように内装工事を行うことができる点”です。居抜き物件でご紹介したように、既存の内装設備が備わっている状態で自分自身に理想とは相当に乖離する内装の場合は、撤去の内装工事が必要になってしまいます。その点、スケルトン物件のように真っ新な状態であれば、撤去の内装工事が不要となるため、余計に費用をかけずに済むのです。

一方で、スケルトン物件のデメリットは、必ず一からの内装工事となるため、”内装工事にかかる費用が比較的高くなってしまう点”です。

内装工事リース株式会社

テナントの内装工事を業者に依頼するメリットとは

高い技術力

テナントで事務所や店舗を構える際には、路面店に比べて範囲が狭くなってしまう点から、工事の難易度が高くなる傾向にあります。
最近ではテナントの内装工事をDIYで自身で手掛ける方もいらっしゃいますが、DIYの場合では難易度の高い工事が困難になり、理想の内装が実現は難しいでしょう。
テナントの内装工事に慣れている業者であれば、難易度の高い工事でも対応が可能となるため、より自身の理想の内装を実現しやすくなるのです。

プロの意見を取り入れられる

テナントの内装工事を検討するにあたって、工事の技術のみならず、レイアウトの効率性やデザインのセンスが求められます。
しかし、自身の構想だけではワンパターンとなってしまい、中々いいアイディアが浮かばないときがあります。
そのようなときにテナントの内装工事の経験が多い業者に相談をすれば、他のテナントではどのような内装にすることがあるか、同じような業種では過去にはどのような内装工事があったのか、などの様々な意見を聞くことができるのです。
そのため、自分一人でで考えるよりも構想が広がり、より理想の内装が再現しやすくなるのです。

テナントの内装工事を業者に依頼するデメリットとは

費用が高い

内装工事を業者に依頼する際の最大のデメリットは、費用が高くなってしまうことです。
DIYで自身で内装工事を行う時にかかる費用は、主に材料費のみで済ませることができますが、内装工事を業者に依頼する際には、出張費や工賃、手数料などの費用がかかります。
また、テナントの大きさによっても工事の規模が変わってくるため、テナントが大きければ大きいほど費用は高くなります。

こまめな確認が必要

内装工事を業者に依頼する際の注意点として、工事の全てを業者に任せっきりになってしまうという点が挙げられます。
内装工事が始まってから一度もテナントの工事現場に立ち会わずに、工事が完了した後にいざテナントを確認してみると、思っていた内装と違ってしまっているというケースもあるのです。
内装工事を業者に依頼した後でも、こまめにテナントの工事現場をチェックして工事の様子を確認することで、自身のイメージ通りの内装工事が行われているかの確認が必要なのです。

内装工事リース株式会社

テナントの内装工事で気を付けること

つぎに、テナントの内装工事で気を付けることに関してです。
テナントの内装工事を業者に依頼する時に気を付けるべきことは業者とのやり取りだけではありません。
その他にも様々な点に気を配らなければいけないのです。いくつかご紹介していきます。

オーナーに許可を取る

テナントの所有者はテナントのビル等のオーナーであるため、大がかりな内装工事を行う際にはしっかりと工事内容を説明して、オーナーに理解をしてもらって許可を得る必要があります。
テナントが出店をする上で、オーナーとトラブルを起こすということは最悪の場合ではテナントからの撤退を命じられてしまうこともあるのです。
そのため、テナントで営業をする上では、オーナーとの丁寧なコミュニケーションは必須となります。

近所への騒音配慮

テナントで経営をする上でオーナーとのやり取りの次に重要なのが、周りの事業主とのコミュニケーションです。
テナントは路面店とは違い、他の事業主も同じようにテナントで経営をしているため、嫌でも他の事業主と関わることがあるのです。
オーナーにテナントからの撤退を命じられるケースとして、オーナー自身とのトラブルではなく周りの事業主とのトラブルがその要因となってしまうこともありうるのです。
例えば、テナントの内装工事をする際の騒音によって、周りの事業主とのトラブルが起こってしまうことも少なくありません。
ですから、他のテナントの事業主に対しても、事前に内装工事の旨を伝えるなどの配慮した対応が欠かせないのです。

内装の規定を把握しておく

先ほど記述したように、内装工事を行う際には業種ごとに内装の規定が法律で定められており、その規定を守らなければ経営を続けることができなくなってしまいます。
そのため、テナントの内装工事を行う際には自身の業種の内装の規定を把握した上で内装工事を考える必要があるのです。

内装工事リース株式会社

テナントの内装工事を依頼する業者の選び方

テナントの内装工事を業者に依頼する際には、適当に業者を決めればいいというわけではなく、しっかりと根拠を持った上で依頼をするべきなのです。
内装工事業者を適当に決めてしまうことは、後から業者とのトラブルになってしまいかねません。
そのようなトラブルを事前に回避するためにも、内装工事を依頼する際にはどのような基準で内装工事業者を選ぶべきかについてご紹介していきます。

規定を把握しているか

業者によって内装工事の実績が異なりますので、得意・不得意も異なります。また、業者の経験によっては各業種の内装規定などを把握できていないというケースもあり得るため、内装の規定を知らない業者に工事を依頼してしまうと、規定が守られないまま内装工事が進んでしまいます。
内装工事業者が内装工事を行ったとはいえども、そのテナントで営業をしていく以上、テナント自体が内装の規定をクリアできていなければ、その責任は経営者にあります。
そのため、内装工事を依頼する前には、内装工事業者が内装の規定をしっかりと把握しているかを確認しておく必要があるでしょう。

テナントの実績が多いか

テナントの現場を多くこなしている業者がいれば、それとは反対にテナントの内装工事をあまりこなしていない業者もいます。
また、先ほど記述したように、テナントの内装工事は難易度が高くなりやすいため、よりテナントの工事実績が多い業者に依頼をするに越したことはないのです。

信頼できる業者か

最近ではほとんどの業者が独自のホームページを持っており、会ホームページを持つことは当たり前の時代です。
もちろん、ホームページを持っていない業者は全く信用できないかというと、必ずしもそうとは言い切れません。しかし、ホームページにはどの業種でどのような現場をこなしたかなどといった実績例が掲載されていることがあります。
そのため、より信頼できる業者に依頼をしたいという際の基準のひとつとして、ホームページを持っており、テナントの工事実績が多く載っている業者に頼むといいでしょう。

<最後に>テナントの内装工事は慎重に

ここまでで、テナントの内装工事を業者に頼むメリットやデメリットを踏まえ、注意点などについてご紹介してきましたが、業者に依頼する時には焦りはとにかく禁物です。
焦って業者を決めてしまうことで、費用面やオーナーとのコミュニケーション不足、業者とのコミュニケーション不足などに繋がりやすく、後々のトラブルを招く可能性が高くなります。
そのため、まずはいくつかの内装工事業者に気軽に見積もりの依頼だけでも頼んでみるとよいでしょう。

内装工事リース株式会社