• HOME
  • 【飲食店の方必見!?】内装工事を業者に依頼する際の相場や費用の抑え方について

【飲食店の方必見!?】内装工事を業者に依頼する際の相場や費用の抑え方について

【飲食店の必見!?】内装工事を業者に依頼する際の相場や費用の抑え方について

今回は内装工事の中でも飲食店に焦点を当てていきます。

飲食店といっても「居酒屋」「レストラン」「カフェ」などその種類はさまざまあり、それぞれの飲食店ごとに内装のコンセプトが異なります。

そして内装工事を行うとなると高い費用がかかってしまうことがほとんどです。
とは言え、内装工事にかけられる費用は各々異なります。

しかしながら誰にもで共通する本音は、極力費用を抑えたいというところでしょう。

そのため、今回は飲食店が内装に費用をかけてまでこだわるべき理由から、飲食店の内装工事の相場、業者に依頼する際の費用の抑え方についていくつかご紹介していきます。

内装工事リース株式会社

飲食店が内装工事に費用をかけるべき理由とは

飲食店はただでさえ店舗を維持する為の光熱費や土地の費用、人件費がかかってしまいます。

そんな中で、更に費用をかけてまで内装工事を行うべき理由がいくつかあります。

それらは店舗の売り上げにも影響を与えることもあるのです。

ここからはその理由についていくつかご紹介していきます。

内装の色が食欲に影響を与えることがある

飲食店を経営する上で一番重要なことは料理の”味”ですね。

ところで、飲食店の内装がお客様の食欲に影響を与えることをご存知でしたか?

皆さん、食事をする際に、パッと見た印象で「おいしそう」「おいしくなさそう」という印象が浮かぶことはありませんか?

それこそが食べ物の色合いが食欲に与える印象なのです。

一般的に赤やオレンジ、黄色などの”暖色系”と呼ばれる色は、自律神経を刺激して消化作用を助けることで食欲を増加させるといわれており、その逆に青や紫などの”寒色系”は食欲を落とすといわれているのです。

そのため、飲食店の内装で暖色系を取り入れていると、お客様の食欲に刺激を与える重要な働きをしてくれるのです。

店舗のコンセプトを表現できる

飲食店の種類は「居酒屋」「カフェ」「レストラン」などさまざまあり、それぞれの飲食店によって提供している商品のコンセプトが異なってきます。

自身の店舗で提供している商品に合わせて内装のコンセプトを合わせる必要があるのです。

来店するお客様の飲食店に対する印象とは重要なことであり、ラーメン店がカフェの様な内装にしていたり、それと逆にカフェがラーメン店のような内装にしているとお客様に違和感を与えてしまいます。

そのギャップが最悪の場合はその飲食店の低評価につながる可能性もありうるのです。

SNSで話題になることもある

フェイスブックやインスタグラムなどのSNSを活用している飲食店が増えてきています。

飲食店側からSNSを通じて商品紹介や内装に関する情報発信をすることがありますが、それとは逆に来店するお客様がSNSで拡散をするケースが多くあります。

飲食店を経営する上では、ネット上で拡散をしてもらうことはとても効果的です。

ですから内装工事を行う際にはそれなりのコストをかけることやキャッチーな店舗の内装にするということはプラスに作用することもあるのです。

内装工事リース株式会社

飲食店の内装工事の相場とは

内装工事を行う際の費用は、飲食店ごとの広さや内装工事を行う規模にもよって上下してきますが、一番の要素としては”坪単価”が挙げられます。

坪単価というのは、1坪あたりにかかる内装工事の費用のことであり、飲食店のみならずそれぞれの業種によって異なってきます。

飲食店の坪単価としては、平均的に約30万円から40万円ほどといわれており、総額で見ても500万円以上かかってしまうことがほとんどなのです。

しかし、飲食店の種類によっては高級感を出そうとしたり、こだわりを強く持っていて大掛かりな内装工事を行う際には、総額が1,000万円を越えてくることもあるのです。

内装工事リース株式会社

飲食店の内装工事で費用が高くなる要因とは

飲食店ごとで行う内装工事によって費用が上下してきますが、その要因としてはさまざまあるのです。

それでは、業者に依頼する際に費用が高くなってしまう要因について、いくつかご紹介していきます。

店舗の広さ

内装工事を行う際の費用面で大きな影響を与える要因としては、店舗の広さが挙げられます。

内装工事の費用は規模が大きければ大きいほど高くなってしまいます。

そのため、店舗の広さによって内装工事の規模が大きくなりやすく、それに伴って費用が高くなってしまうことが多いのです。

しかし、店舗が広いとは言え、あくまで費用は内装工事を行う範囲に応じて高くなるので、広い店舗が一部分のみ内装工事を行う際よりも、狭くても店舗全体の内装工事を行う時の方が費用は高くなることが多いのです。

素材にこだわる

内装工事を行う際には、よりよい内装にしようと高い素材を使用することが多くあります。

高級感やオシャレさを思考する飲食店の場合、高品質な素材を使用するケースが多いので、費用が高くなる傾向があります。

また、壁や床のように範囲が広い場所の内装工事で良い素材を使用すると、使用する素材の量が多くなってしまう分、必然的に費用が高くなってしまうので、素材を使う量や場所には注意が必要でしょう。

厨房設備

実は厨房設備は飲食店の内装工事を行う際の費用を大きく前後する要因なるのです。

飲食店の厨房には、調理をするための電気設備や水道設備の他、換気扇などの空調設備の導入もしなければいけません。

なお、飲食店の内装工事の費用は、空調関係だけでも約80万円から100万円前後がかかるといわれており、空調設備の規模が大きければ大きいほど費用も高くなってしまうのです。

業者選びをミスしてしまう

現在日本には内装工事を対応している業者はかなりの数があり、飲食店の内装工事を扱っている業者もかなりの数があります。

しかし、業者ごとに内装工事にかかる費用が異なるため、内装工事を依頼した後に、「別の業者ならもっと費用が安く対応できることが発覚した」というケースも少なくありません。

そのため、費用面を考慮した際には、どこの業者に依頼するかという点が非常に重要となるのです。

内装工事リース株式会社

飲食店が内装工事で費用を抑える方法とは

飲食店の内装工事を業者に依頼しようとなると、かなりの費用がかかってしまうのです。

そこまでの費用がかけられないという飲食店もあることでしょう。

そのため、次は内装工事を業者に依頼しつつも費用を抑える方法について、いくつかご紹介していきます。

いくつかの業者で相見積もりをする

内装工事を依頼する際には業者によって同じ工事内容でも費用は異なってきます。

その理由は、業者ごとで内装工事に使用する素材の仕入れ価格が代わったり、対応しているサポートの幅、従業員の数、技術力などが変わってくるからです。

費用の安さを売りにしている業者もいます。一方で費用は高くても質の高いサービスを提供している業者もいます。より費用を抑えようとする際には、費用の安さを売りにしている業者を選ぶべきでしょう。

業者ごとに現場への距離が異なり、現場が遠い場合では工賃とは別で”出張費”というものが発生することがあります。

出張費は業者の事務所が現場から遠ければ遠いほど費用が高くなってしまいやすいため、極力近い業者に依頼をすることも余計な費用を抑える工夫のひとつです。

内装工事の規模を見直す

業者に内装工事の依頼を検討する際、次から次へと工事したい箇所が見つかり、気づけば当初の予定よりも工事の規模がかなり大きくなってしまうことがあります。

もちろん、規模が大きければ大きいほど費用も高くなってしまうので、安易に工事の規模を大きくすると膨大な費用が発生してしまいます。

勢いに任せて工事の規模を増やした後に、「ここまで手を加えなくてもよかったかな」などと後悔してしまうケースも少なくはありません。

そのため、工事を開始する前にしっかりと工事の内容を見返すことで、本当にこのタイミングで内装工事を行うべき内容なのかを確認し、不要そうな工事は無くしてしまう方が良いでしょう。

高い素材を使いすぎない

先ほど記述したように、高い素材を使えば使うほど費用が高くなってしまうので、高い素材を使いすぎると内装工事のトータルの費用がかなり高くなってしまうのです。

リーズナブルな素材を使用しつつも、どうしても高級感やオシャレさは妥協できない場合は部分的に高い素材を使うことで、高級感を出しつつも費用を抑えるということも可能でしょう。

また、難易度が高い内装工事は業者に任せ、自身でもできそうなくらいの工事であればDIYなどで自身の手で内装工事を行う人もいるのです。

ひとつの方法として内装業者への依頼とDIYを併用することを考慮してもいいでしょう。

内装工事リース株式会社

<最後に>業者を選ぶ際には慎重に決めるべき

今回は飲食店の内装工事を業者に依頼する際の費用面について、いくつかご紹介をしてきましたが、まとめると”内装工事を依頼する業者は慎重に決めるべき”です。

ここまでで記述したように、業者ごとに費用やサポートの幅が異なるだけではなく、得意・不得意も異なってくるのです。

そのため、飲食店の内装工事を多くこなして得意としている業者があれば、飲食店の内装工事はあまりこなしておらず得意としていない業者もあるのです。

飲食店の内装工事に慣れている業者であれば、過去の実績や経験を元にスムーズに作業をこなすだけではなく、他の飲食店ではどのような工夫をしてどのような内装工事を行ってきたかなどの参考例を提案してくれるのです。

そのため、いざ業者に内装工事を依頼しようとなった時には費用面だけを見て判断するのではなく、できるだけ飲食店の実績が多い業者に依頼をする事でよりスムーズに内装工事を完了させることができるでしょう。

内装工事リース株式会社