• HOME
  • 【飲食店の内装工事はここに気をつけろ!】内装業者へ頼むときのメリットとデメリット

【飲食店の内装工事はここに気をつけろ!】内装業者へ頼むときのメリットとデメリット

【飲食店の内装工事はここに気をつけろ!】内装業者へ頼むときのメリットとデメリット

こんにちは、今回は飲食店の内装工事に焦点を当ててご紹介していきます。

飲食店と言えば、お店のイメージにもつながる内装には特にこだわりたいところですね。これから飲食店を開業しようとしている方はもちろん、現在飲食店を経営している方も内装工事を必要とする時がくるでしょう。そんな時に自身でホームセンターで材料を集めて内装工事をするか、はたまた内装業者に頼んで工事をしてもらうかの2パターンになるでしょう。
しかし、内装業者に頼むにしてもどこの内装業者に頼めばいいのか、そもそもどこの内装業者が飲食店の内装工事に力を入れているのかわかりませんね。そんな時に内装業者に頼むメリットはなにか、内装業者に頼むとどんなデメリットがあるのか、内装業者を選ぶときにはどのような点で選ぶべきかについて、詳しくご紹介していきます。

内装工事の必要性

飲食店に限らず、美容院や整体院など店舗を構えて事業を営む方であれば、一度は内装について考えた事があるという方がほとんどでしょう。しかし、内装工事を行う際には寸法を測ったり配置を考えたりと綿密な計画が必要になり、それに伴って予算建てをしたりと膨大な時間と費用が掛かります。
また、店舗を構えて事業を行うと言っても、「そこまでして内装にこだわる必要はあるの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

そのため、ここでは内装業者について以前の話となりますが、そもそも内装工事をする必要性はなにかについてご紹介していきます。

店舗のイメージに繋がる

飲食店であれば特に内装が重要となっており、来店されるお客様からしても内装がキレイな店舗で食事をするのか、それとも内装が汚い店舗で食事をするのとでは、店舗へのイメージや食事の味にまで影響がでてきます。
また、飲食店などでは、内装に力を入れて店舗の特徴を出すことで店舗へのイメージを認識づけることもできるのです。

来店に繋がるケースもある

飲食店では内装のイメージが味に影響が出るとお伝えしましたが、内装のイメージが影響を与えるのはなにも来店していただいたお客様だけではないのです。

時には内装の特徴が話題にもなり、口コミが広がることでまだ来店したことがない人が来店するきっかけになるというケースもあるのです。
特に最近の飲食店は口コミが広がるのと広がらないのとでは、集客に与える影響が大きいため、飲食店が内装に力を入れる理由は大いにあるでしょう。

建物の老朽化

既に飲食店を経営している人に限りますが、飲食店を長く営む上では店舗の老朽化は必ずと言っていいほど起こるでしょう。そんな時にボロボロの状態で経営を続けていては、店舗のイメージが悪くなってしまいます。
そのため、飲食店の様な清潔感が重要な事業においては、店舗の老朽化に伴った内装工事は必要になるでしょう。

飲食店が内装業者に依頼するメリットとは

つぎに、内装工事をするとなった時に内装業者へと工事を依頼するメリットについてですが、最近では家庭でのDIYが流行っていることもあり、店舗の内装工事を自ら行う方も増えてきています。中には女性でも簡単にDIYが出来るように、ホームセンターでも様々なDIY向けの電動器具も販売されています。しかし、そんな中でも工事を内装業者へ頼む方がまだまだいらっしゃるのです。

それでは、飲食店が内装業者へと工事を依頼するメリットについてDIYと比較をしつつ、いくつかご紹介していきます。

高いクオリティが実現できる

DIYによって内装業者へと依頼をしなくても工事を行えるとお伝えしましたが、やはり”質”の面を考えると、内装業者へ依頼する時に比べると落ちてしまうのは確実と言えるでしょう。

特に飲食店のような内装のイメージが売り上げにまで繋がる可能性がある場合では、中途半端な内装にするのはリスクがあるとも言えるでしょう。そのため、新しく飲食店を始めようとしている方、今既に飲食店を営んでいて、内装工事を考えている方のどちらも内装業者へ依頼をして、クオリティの高い内装工事を行った方が良いと言えるでしょう。

時間を掛けないで済む

自身でDIYをする際のデメリットとして質が落ちてしまうためではなく、”膨大な時間を要する”という点です。自身でDIYをすることで費用面を抑えることができますが、その分かなりの時間を使ってしまう為、自分自身でその他の売り上げに繋げる行動を取る時間までもが奪われてしまうのです。

そのため、内装業者へ依頼をすることでそのような貴重な時間を確保できるだけでも、内装業者へ依頼するメリットは十分にあると言えるでしょう。

プロの意見を聞ける

内装業者へ依頼をすることで、自身のイメージしている内装に限りなく近づけられることもありますが、何よりも何よりも内装工事に関するプロの意見を聞くことが出来るのです。そのため、自身だけでは想像もできなかった内装構成を実現するケースもあるため、内装業者へ依頼をしてプロの意見を聞くこともメリットとなるでしょう。

飲食店が内装業者に依頼をするデメリットとは

内装業者へ依頼をすることで様々なメリットがありますが、それに伴ってデメリットも出てくるのです。それでは、飲食店が内装工事を内装業者へ依頼をするデメリットについて、メリットと比較しながらご紹介していきます。

費用が高くつく

内装業者へ依頼をするメリットの中で、”高いクオリティの実現”をお伝えしましたが、高いクオリティを実現するとなると、もちろんそれ相応の費用がかかってしまいます。その費用は店舗の大きさや、工事をする箇所にもよって変動もありますが、15坪くらいの飲食店を新装する場合には、内装工事費用の目安として1坪30万円~50万円とも言われており、厨房機器などは別途で費用が掛かると言われています。そのため、やはり内装業者へ依頼することの最大のデメリットとしては、この費用面だと言えるでしょう。

イメージが伝わりづらいケースがある

内装業者へ依頼することで、自身のイメージしている内装を仕上げることができますが、時には自身のイメージしていたものが内装業者へと伝わり切らずに、完成後もしくは工事の途中で内装業者と揉めてしまうというケースもあるのです。

飲食店で内装工事を行う時に気を付けること

つぎに、飲食店が内装工事を行う時に気を付けることについてですが、内装工事を行う際にはいくつか気を付けなければいけない点がある為、いくつかご紹介していきます。

開業前の飲食店の場合

・座席数

飲食店を開業するにあたって、座席数というのは売り上げに直結するので非常に重要な項目となります。そのため内装業者へ工事を依頼する際にも予め座席数は何席くらいで、どのあたりに座席をどのくらい置くかというのを事前に伝える必要があるでしょう。

座席数によっては内装のレイアウトも予定と変更した方がいいというケースもあるため、内装業者へと情報共有をしておいた方がいいでしょう。

・工事終了日程とオープン予定日

飲食店をオープンする際には、チラシや看板などでいつにオープンをするかの宣伝をすることがほとんどですが、時には内装業者との意思疎通が上手くできていなかったり、内装業者とのトラブルにより、もともと工事完成を予定していた日よりも遅れていしまうというケースも少なくはないのです。

そのため、内装工事を行う際には、予定しているオープン日よりもある程度余裕を持って工事が完成するように段取りが必要となります。

・店舗のイメージに合うか

飲食店の内装は売り上げにも繋がるケースがあるとお伝えしましたが、内装工事をするにあたって考えるべき点として、自身の好みの内装にするというのも大事ですが、何よりもこれから販売していく食品のイメージに合うかという点です。

例えば、カフェとして飲食店を経営していこうという場合に、ラーメン屋のような内装では来店するお客さんも少し違和感を覚えてしまいます。そのため、ラーメン屋にはラーメン屋の、カフェにはカフェに合う内装がある為、事前に食品に合う内装と自身の好みの内装のバランスを上手く取っていく必要があるでしょう。

営業している飲食店の場合

・工事の作業時間

既に経営をしている飲食店が内装業者へ依頼する時には、どの時間に作業をしてもらうかが重要になります。

内装を全て変える工事をする場合であれば、一度経営を中断することがほとんどですが、一部の内装を内装業者へ工事してもらう際には、お客さんが食事をしている横で作業をしてもらうわけにも行かない為、基本的に営業時間外に作業をしてもらう事がほとんどです。

そのように、既に飲食店をされている方が内装業者へ依頼をする際には、お客様の迷惑にならない時間帯に作業をしてもらえるよう、内装業者との決めごとにしておいた方が良いでしょう。

・内装を変える際の店舗のイメージ

飲食店に来店されるお客様の中には、今の内装が気に入っていて来店される方も中にはいらっしゃいます。そのため、内装を変えた後にガラッと変えてしまうか、ある程度のイメージは残しつつ若干変えるという2つのパターンが出てきますが、工事が完成後に「前の内装の方がよかった」と言われてしますこともあります。

そのため、飲食店が内装業者へ依頼する際には、今までの内装がお客さんにどう思われていたかを伝えられるように、事前にお客様の反応を把握しておいた方がいいと言えるでしょう。

内装業者を選ぶポイントとは

つぎに、実際に飲食店が内装業者へ依頼をする際に何を基準に選ぶべきかについてご紹介していきます。

費用

まずは何を言っても費用面ですね。飲食店が内装業者へ依頼をする際には、飲食店の規模にもよりますが、最低でも100万円から150万円ほどはかかると想定した方が良いでしょう。もちろん、いかに安くてもクオリティを下げてしまっては内装業者へ依頼するメリットがなくなってしまうため、費用とクオリティのバランスを取っていく必要があります。

ホームページを見て飲食店の実績が多いか確認する

今の時代、ほとんどの企業がホームページを作っています。むしろ無ければ社会的な信用を得られないというような時代にもなっている為、内装業者へ依頼をする際には”ホームページを持っている企業であることは必須”とも言えるでしょう。

その中でも各内装業者によって多くこなしている現場や、得意な現場が変わってくるため、ホームページを見た時に、飲食店の現場を多くこなしているかの打ち出しがされているのか、施工現場の実績で飲食店の写真が多く載せられているか、という点に注目してみれば、その内装業者は飲食店をどれだけこなしているかという事がわかるでしょう。

内装業者の事務所の場所

内装業者へ依頼する時に意外に見落としがちなのが、”内装業者の事務所”です。

工事を進める上で内装業者の立場になって考えた時に、現場となる飲食店が事務所から近いという事は、それだけ現場へ行きやすくなるという事なのです。
そのため、もし現場でトラブルが起こってしまった時や内装業者と急な打ち合わせを要する時には、事務所と飲食店が近いに越したことは無いので、飲食店の場所と内装業者の事務所の場所は気にしておいた方が良いでしょう。

<最後に>

ここまでで飲食店が内装業者へ依頼をする際に気を付けることやメリット、デメリットについてご紹介していきましたが、まとめると、”内装業者へ頼むほど費用がどうしても掛けられないという状況ではない限り、意思疎通が取りやすく、飲食店の経験が豊富な内装業者に頼むべき”だと言えるでしょう。

根拠としても、やはり飲食店を経営する上では内装はとても重要なポイントになります。

そんな重要な点であれば1つの必要経費とも言える為、高いクオリティを出すべきでしょう。しかし、自身で調べた上で内装業者へ頼むにしても、自分のところでは費用がいくらになるのか、飲食店の経験が多いのかは正確にはわからない時もあるでしょう。

そんな時は、一度内装業者や専門家の人に横断をして、いくつかの候補やパターンを出した上で検討してみると良いでしょう。