• HOME
  • 会社設立事例/塗装工事業・個人事業主からの法人化で信用力増大!

会社設立事例/塗装工事業・個人事業主からの法人化で信用力増大!

※本人特定されないように一部変更している部分もあります。

  • 会社設立時の年齢:40代
  • 会社設立前はお勤めの方、個人事業主どちらか?:個人事業主
  • 会社設立前の仕事内容:塗装工事業・防水工事業他
  • 会社設立時のメインの事業内容:塗装工事業
  • 自己資金はいくらあったか?:資本金は5000円
  • 会社設立後の予想業績等はどうであったか?:年間売上高1200万円
  • 合同会社と株式会社どちらにしたか?:株式会社

会社設立前の状況はどうであったか?

塗装業などの建設業界では、個人事業主では元請け業者になりづらいという風習があります。

個人事業主では取れない塗装業の仕事も多々あり、法人化しなければいわゆる”おいしい”仕事になかなかありつけることができません。

このような状況下では、個人事業主のままで仕事を継続しても限界があり、今後も大きな利益を望めませんでした。

従業員の確保においても、個人事業主では募集をかけても、なかなか人が集まらずに四苦八苦していました。

同時に、個人事業主であることから雇用環境を不安視されてしまい、雇用した従業員も直ぐに辞めてしまうという状況が続きました。

ですから、常に人手が足りず、せっかく塗装業の仕事を獲得できても、個人事業主であることが根本原因で対応できないことが悩みの種でした。

会社設立する理由とは

個人事業主から法人化した理由は2点ありました。

1点目は、法人化することで大きな仕事を獲得するためです。

塗装業、建設業では、仕事を取りにいく際には、個人事業主より法人化している方が勝負をしやすい現状があります。

個人事業主の場合、信頼性の面でそもそも商談に持っていくまでにやはり長い時間を要していました。

しかし個人事業主から法人化すれば、取引先からの信頼が高くなることから、直ぐに面談に入り、契約に持っていけるため、浪費する時間を少なくできます。

さらに単価が高い塗装業の仕事の契約もできる可能性も上がるため、法人化を決意しました。

塗装業において、多くの場合は個人事業主は下請けの位置になることがほとんどであるので、利益を取られてしまい、単価が安くなってしまうという状況でした。

したがって今回の個人事業主からの法人化は、塗装業のなかで利益をより出していくための重要な施策でもあったのです。

2点目は、採用に力を入れるためです。

従業員の確保の面で、個人事業主ではなかなか人が集まらず、とても苦労をしていました。

そこで、個人事業主から法人化すると同時に社会保険関係もしっかり整備することで、従業員も安心して働いてもらえる環境づくりをして、採用力向上を期待しています。

会社設立前後における問題や要望

法人化した後の具体的なイメージはなかったものの、何かあれば直ぐに相談に乗ってくれるようなパートナーがいると助かると思っていました。

同じく塗装業の知り合いの個人事業主から法人化した経営者などが言うには、「一般的な税理士法人やコンサルタントは、土曜日や日曜日、祝日など塗装業の仕事がなく一番時間が空いている質問したいときこそ反応してくれずに返事が遅い」とのことでした。

だからこそ、その点で休日、祝日にもできる限り対応していただけるようなパートナーであれば、ぜひ法人化と税務会計顧問を同時に進めていきたいとのことで、経営サポートプラスアルファを選んでいただきました。