• HOME
  • 会社を作る方法とは?必要な準備は?手続きは?具体的な方法を紹介!

会社を作る方法とは?必要な準備は?手続きは?具体的な方法を紹介!

会社を作る方法とは?必要な準備は?手続きは?具体的な方法を紹介!

何かビジネスを始めるために会社を作る方法を知りたい人は多いでしょう。

会社を作るのは難しいイメージがあり不安になる人もいるかもしれません。

そこで、会社を作る方法や必要な手続きなど知っておくべきことを解説します。

会社を作る前に知っておくべきこと

会社を作る前に理解しておきたいことを説明しましょう。

会社を作るのはなぜか?

なぜ会社を作るかといえば、さまざまなメリットがあるからです。

会社を作ることで下記のようなメリットを得られます。

  • 社会的な信用を得られる
  • 資金集めをしやすくなる
  • 従業員を雇いやすくなる
  • 有限責任になる

会社は登記情報が公的に記録されており誰でも閲覧することができます。

一般に情報を公開しているため、個人事業主よりも信頼されやすいのがメリットです。

資金集めをしやすいのも法人のメリットといえます。

起業する際には複数の発起人がお金を出し合って会社を作ることが可能です。

株式会社の場合は株式の発行で資金を集めることもできます。

銀行の融資も基本的に法人の方が有利です。

従業員を集めやすい点もメリットです。

法人は社会保険への加入義務があるため、求職者は個人事業主に雇われるよりも安心できます。

法人の方が経営基盤がきちんとしているというイメージがあり、求職者が求人に応募しやすいです。

会社は有限責任である点もメリットといえます。

出資した範囲内の責任しか問われないのです。

このようにいろいろなメリットがあるため、会社を作る人はたくさんいます。

株式会社と合同会社のどちらにするべきか?

会社設立では株式会社と合同会社のどちらかの法人形態を選ぶケースが多いです。

株式会社は所有と経営が分離している、株式を発行できるなどが特徴といえます。

一方、合同会社は出資者と経営者が同一な点が特徴です。

合同会社は議決権割合や配当割合などを定款で自由に決められるため、経営の自由度は高くなっています。

大きな規模の事業をしたいならば、株式の発行で資金集めができ、社会的な信用もある株式会社がおすすめです。

小規模な事業をするケースや迅速な意思決定を重視するならば合同会社が適しています。

会社設立を依頼できる専門家

会社設立は自分でやる方法と専門家に依頼する方法とがあります。

会社設立を依頼できる専門家は下記の通りです。

  • 税理士
  • 行政書士
  • 司法書士
  • 公認会計士
  • 弁護士

司法書士であれば会社設立のすべての手続きを代行可能です。

行政書士は許認可取得を得意としています。

公認会計士や税理士は税務の専門家であり、節税対策や資金集めなどで力になるでしょう。

弁護士は法的なリスクを回避するための対策の提案などを期待できます。

ただし、実際にはそれぞれの士業が連携をして会社設立をサポートするケースが多いです。

そのため、税理士法人に会社設立を依頼しても、登記手続きの代行などを依頼することはできる場合が多いでしょう。

会社を作る手続きを自分でやるべきか依頼するべきか?

会社を作る手続きを自分でやると時間がかかります。

調べ物をして書類作成をして提出するまで大きな手間がかかるからです。

また、自分で手続きの準備をするとミスが生じるリスクも高まります。

損な選択をして後悔するケースも出てくるでしょう。

これらの問題点を回避したいならば、専門家への相談をおすすめします。

専門家であれば、会社設立の手続きをすべて代行可能です。

事業計画や資金計画の立て方についてアドバイスを受けることもできます。

節税対策なども相談できるでしょう。

手続きのミスのリスクもなくなり、多くのメリットがあるのです。

会社設立の専門家を探しているならば経営サポートプラスアルファにご相談ください。

それぞれのニーズに合った会社設立の提案やサポートをします。

気になる方はいつでも経営サポートプラスアルファまでお問い合わせください

会社を作る流れ

会社を作る際の流れを紹介します。

会社の基本事項の決定

会社の基本事項には下記のようなものが含まれています。

  • 商号
  • 事業目的
  • 本店所在地
  • 機関設計
  • 事業年度

会社経営に影響を与えるものもあるため慎重に決めましょう。

たとえば、事業目的は将来予定している事業をすべて含めておくことで、会社設立後に定款を変更する手間を省けます。

定款の作成

定款は会社の規則やルールなどを定めます。

発起人が作成するものであり、記載した事項には効力が発生するため注意しましょう。

特に絶対的記載事項と相対的記載事項が重要です。

絶対的記載事項は必ず記載しなければいけない事項であり、不備があると定款が受理されません。

相対的記載事項は必須ではないけれども記載しなければ効力が生じない事項のことです。

相対的記載事項として現物出資や役員の任期、株式の譲渡制限といったものが特に重要なためよく話し合いをして決めましょう。

資本金の払込み

資本金は会社設立時に発起人が払込みをする資金のことです。

多くの資本金を用意できれば資金繰りが楽になります。

資本金が多いと純資産を維持することができ、社会的信頼も高くなるのです。

ただし、資本金が1000万円を超えると税率が上がり、消費税の課税事業者にもなるため注意しましょう。

資本金の払込みは代表者個人の口座に振込をします。

会社設立後に資本金を法人口座へ移すのです。

登記申請

設立登記で必要な書類を用意できたならば、法務局に提出します。

登記申請の申込みをした日が会社設立日になります。

通常、登記申請後2週間程度で登記は完了して、会社経営をスタートできます。

設立後の各種手続き

会社設立の手続きを終えたならば、関係官公庁への届出をします。

税金関係や社会保険関係、労災保険関係、雇用保険関係の届出をしなければいけません。

また、忘れずに法人口座の開設をしましょう。

会社を作る費用

会社を作るために必要な費用を説明します。

法人設立の法定費用

法人を設立する手続きを進めるには法定費用がかかります。

株式会社は約25万円です。

合同会社の場合は約11万円のため安くなっています。

法定費用は電子定款を選ぶと4万円の節約が可能です。

資本金の金額について

会社設立の最初に資本金を決める必要があります。

資本金は最低1円からであり制限はありません。

ただし、資本金が1000万円を超えると消費税の課税事業者になり、法人税も高くなるため、それよりも少ない金額にしましょう。

また、許認可の関係で資本金を一定金額以上にしなければいけないケースもあります。

それぞれの事情に合わせて最適な資本金を設定しましょう。

事務所や設備などの取得費用

会社の事務所を用意するための費用がかかります。

自宅を選ぶと節約できるのですが、自宅だと拡張性がないです。

最初は自宅でスタートして経営が安定してから事務所を取得するという方法もあります。

オフィス家具や事業で用いる機材などを揃えるための費用も必要です。

事業によっては特殊な設備が必要になることもあるでしょう。

人件費や広告宣伝費も考慮しよう

会社設立をして人を雇う予定があるならば人件費を考えましょう。

採用費用や月々の人件費が発生します。

社会保険料も払う必要があり負担が大きいため注意してください。

会社の存在をアピールして集客するための広告宣伝費も重要です。

チラシ広告からウェブ広告までさまざまな媒体で広告宣伝できます。

事業の内容なども考慮して効果的な宣伝計画を立てましょう。

創業融資で多くの資金を得られる

会社設立から会社経営までさまざまな費用がかかります。

そのため、資金はいくらあっても足りない状態になるでしょう。

そこで、資金を補う方法として創業融資はおすすめです。

創業間もない企業でもまとまったお金を借りられるのが創業融資です。

創業融資の利用についてお困りの方は経営サポートプラスアルファにご相談ください。

経営サポートプラスアルファであれば創業融資の利用を一からサポートします。

創業融資,サポート,税理士

会社を作る際のポイント

これから会社を作る際のポイントを解説します。

申請のルールを守ろう

会社設立の際にはきちんと申請のルールを守ることが大切です。

申請書類の様式や申請期限、必要な添付書類などをしっかりと確認してください。

申請ルールを守らなければ手続きの完了が遅れます。

それでは会社経営の計画にも支障が出るため注意してください。

資本金の金額により税額が変わるため注意しよう

資本金の金額によって税金の額が変わるため注意しましょう。

まず、法人設立の際の登録免許税が資本金の金額によって変わります。

また、法人税の税率も資本金によって異なってくるのです。

資本金が高くなるほど税額が上がるため気をつけましょう。

事業許可が必要なら要件を意識した会社を作ろう

会社設立をする際には事業の内容によっては許認可が必要なケースがあります。

その際に許認可の要件を満たしていることが重要です。

要件の中には資本金や事務所などについて細かく規定が設けられていることもあります。

会社設立の準備を進める際には事業許可の要件を満たすことも意識しましょう。

会社用のホームページも作ろう

法人を設立する際には会社用のホームページを作成しましょう。

ホームページは集客のためにとても重要です。

顧客候補がホームページをチェックして、製品やサービスなどを確認して発注を検討します。

ホームページのアドレスを名刺に記載することも可能です。

自分たちのことを知ってもらうツールとして有効活用しましょう。

会社用のホームページの作り方で悩んでいるならば経営サポートプラスアルファにご相談ください。

ホームページ作成プランを用意しており、短い納期できちんとしたホームページを作成します。

まずはお気軽に経営サポートプラスアルファまでホームページ作りについてお問い合わせください。

起業したら、まずはホームページ作成!

会社を作る方法で困ったときは専門家に相談しよう

会社を作るには法人形態を選び、さまざまな手続きを進めていく必要があります。

事前にしっかりと資金を用意して、事業計画も立てて、計画性を持って会社設立をすることが大切です。

入念に準備をして会社を作ることで経営が上手くいく可能性を高められます。

会社を作る方法で悩んだときには経営サポートプラスアルファにご相談ください。

手続き代行だけではなく、創業融資サポートやホームページ作成まで対応できます。

いつでも経営サポートプラスアルファまでお問い合わせください